ブログ

日々の出来事や、管理栄養士の視点で感じたことなどを綴っています。


ひと言で答えたくない質問。

「 ~の症状には、何を食べたらいいですか?]
と、よく聞かれます。

○○がいいですよ、と言うのは簡単。
ひと言で終わります。

だけど、答えることで、そればかりに固執してしまったり、それを食べれば良くなると思われてしまうのが怖い。

症状に対して効果が期待できる食べ物というのは、あるかもしれない。
でも、それを食べて症状の改善が期待できるのは、全体的にバランスよく食べた上で・・・が、前提でのこと。

食事が乱れている、間違った食べ方をしている、生活習慣が乱れているにも関わらず、効果の期待できるものを食べても、改善することはないです。

食事で身体を変えたいのなら、日頃の食事を見直すというところから始めてみてください。

そして、食べ物に過剰な期待はしないこと。
少しでも早く良くなりたいという気持ちは理解できますが、薬のような効果を期待するのではなく、健康な身体の土台をつくるようなイメージで食と向き合っていただきたいと思います。

とはいえ、短期間では難しくても、食事で身体を変えることは可能です。

食で身体を変えたいという方は、カウンセリングでのご相談、お待ちしております。