食養生レシピ

“手早くおいしく健康に”をテーマに季節や食材、対象別にご紹介しています。

にんじんのきんぴら

IMG_3579

このレシピのおすすめポイント

にんじんには抗酸化作用があり、免疫力を高め、ガンや老化を防ぐなどの多くの効能があります。
皮のすぐ下に栄養があるので、よく洗って丸ごと食べてください。

生でも加熱しても、内臓をあたため血を補う働きがあると考えられており、虚弱体質や冷え症、貧血によいとされています。

材料

にんじん 大1本
ごま油 大さじ1
みりん 大さじ2
薄口しょうゆ 大さじ2
すりごま 適量

作り方

①にんじんは皮つきのままピーラーで削ります。

②フライパンにごま油を入れ、にんじんをしんなりするまで炒めます。

③みりん、しょうゆの順に加えて、好みのかたさに仕上げ、すりごまをふります。

ピーラーで削ることで調味料が絡みやすくなります。柔らかく仕上がるので、噛みにくい方にオススメの切り方です。

冷凍保存でお弁当のおかずにも。